スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帯と着物のお直し&下着の話。

友人のお母さまがお直しをしている、と聞いてお願いすることに~

この帯、梅に松。ところどころに雪が積もってたりして。
1、2月にピッタリの帯だったのですが…
なんと全長510cmもありまして
ぐるぐるぐるぐると回る回る(笑)



そこで460cmに直してもらうことに。
切った手先、150cm!(左側)
かなり長い!
さあて、この150cmを何に使いましょうか~



一緒に直した祖母の紬。
身丈が140cmしかなかったのでどうにかならないかな~と思いまして…
でも洗い張りから仕立て直しまでで3万円ほどかかる、とのこと。

友人のお母さまに「普段着だからおはしょりナシで着てしまったらどうかしら?」とアドバイスを受け、もう一度考えてみることにしました
「裄もどうせ足りないわね」と2cmずつ出してくれました。



この着物も祖母のもの。
同じく普段着なので、裄だけ出してくれました。



この梅の銘仙は、身丈が足りないのはわかっていたんだけど、どうしても手放せず購入してしまったもの
同じく裄を出して、あと長すぎる袖丈を持っている襦袢に合わせて直してもらいました。



帯と着物3枚の裄出しを「若い人が少しでも着物に興味を持ってくれるだけでいい」「たくさん着物を着てくれれば」と。
「料金はいらないわ~」と言ってくださった友人のお母さま、本当にありがとうございましたm(__)m
…若いというのは訂正が必要若くなくて申し訳ないのですが(笑)

ということで、おはしょりナシで着てみなくては。
今日は残念ながら着る時間がないのでまた後日~




下着の話

大した話じゃないのですが
まず裾除けのウエスト回りのグチャグチャが苦手。
肌襦袢の衿を抜いた時に両脇が突っ張った感じになるのが苦手。

そこで!ワンピース型の肌襦袢
なんのコツもいらず、ウエスト回りスッキリ(補正が必要になりますが)
着ただけでえり抜きも完璧
すごくラクチンで、着物を着たあとに「あ肌襦袢が見えてる」と落ち込むこともなくなります

画像は背中部分↓



補正はヘチマ。
少し硬めで扱いやすいのと、夏涼しいのが魅力
母の友人が教えてくれました



もっと便利アイテムを増やしてラクチン着付けに挑戦しなくては



明日は義母の友人にファブリック帯を発注する予定
こんな南国っぽい帯はいかがでしょう



出来上がったらまたご報告しますね



ランキングに参加しています&いろんな方のお着物が見れます
↓↓↓1日1回ポチっとクリックしていただけると嬉しいです

↓アンティーク好きな方はこちらへ
にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ
にほんブログ村

↓こちらもぜひ~

ファッション(着物・和装) ブログランキングへ













↓ポチっとクリックしていただけると嬉しいです
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

プロフィール

ひいらぎ柊の花

Author:ひいらぎ柊の花
普段着の着物を楽しみたい♪
アンティーク着物大好き♪
夢は365日着物生活♪

リンク
カテゴリ
最新コメント
アクセスカウンター
月別アーカイブ
最新記事
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。